ENDOR(エンドール)仮想通貨の特徴や将来性は?ICO購入方法と上場時期はいつ頃か!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサードリンク

数多くあるICOの中で価値が上がるであろうと期待の高い通貨の中に『ENDOR(エンドール)』という通貨があります。
ENDOR(エンドール)はAIを搭載した”未来型Google”のようなプラットフォームを提供していて、パートナーには『アマゾンウェブサービス・マスターカード』のロゴも入っていたりで、人気のICOになるだろうと期待の声もかなり多い通貨です。
今日はそんな『ENDOR(エンドール)』について通貨の特徴、トークンセール情報や上場が予想されている時期など解説していきたいと思います。

AI未来予測分析向け検索エンジン『ENDOR(エンドール)』

ENDOR(エンドール)とは一体どんな通貨なのでしょうか!
今皆さんがよく使用しているであろう”Google”は現在ある情報をいち早く検索できる世界的企業ですが、今日紹介している『ENDOR(エンドール)』はなんと世界初 未来を検索できるという機能を開発しています。
マサチューセッツ工科大学で数年を過ごしたENDOR(エンドール)創設者は、大学卒業後に予測分析をするGoogle”ENDOR(エンドール)”を開発しました。
データ科学の専門知識が無くても、正確な自動予測を可能にしました。

ENDORは一言で言うならば”未来予測版Google”です。
ここ近年ではAIが台頭し、いろいろな企業がAIを導入して問題解決に取り組んだり会社の効率化を図っています。
しかし高度なAI技術はごく一部の限られた人や企業にしか解放されていません。
一般の人が利用するには難しいというのが課題でした。

しかしENDORは『すべての人がアクセス可能な人工知能の予測を可能にする』というコンセプトを元に開発されているため一部の人にだけ解放されていたAIを個人レベルにまで解放していきます。
これを活用して、消費者の行動を迅速に理解し、予測し影響を及ぼすことが出来れば、個人レベルでも大手企業と同様にビジネスのパフォーマンスを向上させることが可能になりますよね。

イスラエルのドリームチームが結集!

実はこのENDOR(エンドール)開発チームには人気通貨Sirin Lab』『FINNEY』『Orbsのイスラエルチームがアドバイザーに入っておりETHのプラットフォームで”Bancor” “Enigma”等が技術サポートして生まれています。
そんなドリームチームが関わっている通貨であるということが安心感もあり、また期待が持てる通貨であるということで人気も高まっています!
また、後ほど紹介しますが多くの賞も受賞していて技術的にも本格的な匂いがします。

ENDOR(エンドール)のメンバーも優秀な人物が多い


★ 創設者:アレックスペンランド教授・・米国の理系トップ大学マサチューセッツ工科大学開発、開発者
★創立者&CEO:ヤニフ・アルトシュラー博士・・・イスラエルのコンピューター科学者
★Googleの元会長兼CEO:エリック・シュミット氏
また先ほども紹介致しました、ブロックチェーンに特化した携帯開発会社Sirin LabsやDAG系プラットフォームであるORBSのイスラエルチームがアドバイザーに入っております。
そしてENDOR(エンドール)はパートナーも強力です。

Endor coinを使用しているパートナー企業

パートナー企業には
コカ・コーラ
マスターカード
アマゾンウェブサービス
ウォールマート
● Leumi Card
等が既に売り上げを上げています。

公式サイトにパートナー企業の紹介が載っていました!



※ウォールマート:世界最大のスーパーマーケットチェーンであり、売上額で世界最大の企業。
日本では傘下にSEIYUチェーンがあります。

ENDOR(エンドール)は多くの賞を受賞している


ENDOR(エンドール)はこれまで多くの賞を受賞し功績を残しています。
世界国際フォーラム:Technology Pioneer
Gartner:クールベンダー2017
Forbes:世界で最も強力なデータ科学者7名
ネットワーク挑戦の勝者

Endor Coinトークン(EDR)はどう使われる?

ENDORではエンドアのネットワークに貢献した人がトークンを”EDR”を手に入れることが出来ます。
例えば、公的なデータを提供した人や、技術提供を行った人がEDRを手に入れることが出来ます。
このようにENDORのネットワークに貢献することにより、貢献した人はEDRによるコミッションを受け取ることができ、結果としてエンドアによって実現されている予測の精度・効率が高まっていくことになります。

ENDORに関わるすべての人が得をするシステムが生まれるということですね。

EDR購入方法は?

一般ICO販売を行う予定は今のところないようです。
枠で多く購入した人から譲ってもらうか、上場後に購入するかどちらかで入手出来ます。
SNSなどで枠を多く持っている方から譲ってもらう際は十分にその人が信頼できる人なのかしっかりと見極めてくださいね!
今”○○譲ります、枠あります”といって詐欺をしている人も多いようですのでお気を付けください!!
上場してからでしたら安い時により多く購入しておくことですね✨
これだけ期待されているものなので今から上場が楽しみです。
また新しい情報が入りましたらお知らせします。
情報配信してますのでよかったらLINE@へ登録されてください!
↓クリックするとリンクに飛びます☺

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です