EOS(イオス)通貨の特徴や将来性とICO購入方法・買い方について徹底調査!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサードリンク

暗号通貨 EOS(イオス)
実はこちらの通貨、2017年の6月にICO販売が既に終わっており18時間で16億円を集め注目を集めた通貨なのです。
ICOは1年間続き、現在では7億ドルもの調達に成功しています。
上場後は順調な値上がりを見せ最大で+300%を記録して話題にもなったEOS(イオス)です。

時価総額ランキングで常に上位にいる暗号通貨『 EOS』とはどんな暗号通貨なのか?
今回はEOS(イオス)の特徴や将来性について徹底的に解説致します。
私はEOS(イオス)に期待しています。
皆さんにも価値を知ってほしいと思いましたので書かせて頂きますね!

EOS(イオス)とは?

EOSは企業の業務サポートで使われることを目的としたスマートコントラクトを利用して分散型アプリケーションプラットフォームを作ることに特化している暗号通貨です。
イーサリアムなどの他のDappが作れるプラットフォームとは違い1秒間に何百万件ものトランザクションの処理が可能で、使用料は無料です。
1秒間に何百万件のトランザクションの処理が可能って凄くないですか?!

EOS(イオス)について説明している動画がありますので紹介致します。


分散型アプリケーションプラットフォームと聞いてピンとくる方もいるかと思いますが、代表的な暗号通貨としてEthereum(イーサリアム)がありますね。
イーサリアムとは何が違うのか?
EOS(イオス)の特徴を上げていきたいと思います。

EOS(イオス)の特徴

① 圧倒的なトランザクション

EOS(イオス)は非同期処理と平行処理によって1秒間で数百万のトランザクションを誇ると言います。
※トランザクションとは・・・情報処理の単位。トランザクションの速さは「情報のやり取りの速さ」と言えます。
ビットコインやイーサリアムは送金する際にまだまだ時間がかかります。
このような送金詰まり現象がなくなるということです。


上図のようにSNSのやり取りや送金に必要なトランザクションは1秒間に10万です。
しかし、ビットコインのトランザクションは1秒間に3しかなくビットコインよりもトランザクションを向上させたイーサリアムでさえ1秒間に30しかありません。


これではちっとも必要条件を満たしていません。
しかしEOS(イオス)は1秒間に数百万のトランザクションを実現するといいます。
これがどれだけ圧倒的な性能かよく分かると思います!

② 情報にお金がかからない

EOS(イオス)のすごさは圧倒的なトランザクションだけではありません。
なんとそのトランザクションに手数料がかからないというのです!
企業のような取引回数が多い場合には、イーサリアムよりもEOSのアプリケーションを使用する方がメリットがあることは説明するまでもないですね。
ですから多量の情報のやり取りをするような企業にとてもメリットがある企業向けの暗号通貨だと言えます。

③ トークン自体に価値がない

EOSの特殊なところは「トークン自体に価値がないこと」を公式に表明しているところにあります。

はい?

トークン自体に価値がない?どういう意味?と私は思いました!!笑
調べてみると、EOS(イオス)のホワイトペーパーには「利用価値が無いこと」「48時間以内に移転不可となること」がはっきりと明記されています。
それでも、ICOとして多額の資金を集め上場後も時価総額ランキングをキープしている理由としては開発者に経験豊富なメンバーが揃っていることEOSの機能性が高いこと将来的に何かに使われるのでは無いかという期待感があること「暗号通貨ブーム・ICOブームの加熱が挙げられると思います。

そもそも、EOS(イオス)はリップルのように中央集権的な通貨ではなく誰でも参加できる分散型アプリケーションです。
その上、ブロックチェーンの処理速度が大変早くビットコインやイーサリアムのように送金詰まりを起こす恐れがなく、更に取引に手数料がかかりません
ですから、一日に多大な量の取引を行う企業と相性が良いと言えるでしょう。

EOS(イオス)ホワイトペーパー

こちらがEOS(イオス)のホワイトペーパーです。

↓クリックするとホワイトペーパーPDFに飛びます

EOS(イオス)のロードマップとは?

EOSのロードマップは現在は草案が公開されています。
何も情報を公開しないよりは良いという考えの元で公開されているので、内容は絶対的なものではありません。

フェーズ3:テスト&セキュリティ監査

フェーズ3では、セキュリティ上の問題、バグの発見に重点が置かれます。フェーズ3の終わりにバージョン1.0がタグ付けされます。

サンプルアプリケーションの開発
C++、Rustなどの言語のサポート
EOS.IOソフトウェアの安全性を証明するためのテストの必要性

期間:2017年冬・2018年春

フェーズ4:パラレル最適化

バージョン1.0のリリース後、並行実行のためにコードを最適化。

期間:2018年夏~秋

フェーズ5:将来のクラスタ導入

期間:不明

EOS(イオス)の現在のチャート


取引開始日は2017年7月9日でした。
1EOS=$2.24で取引が開始されましたが、その後は緩やかに落ちていきます。

同年11月の始め辺りから価格が上がり始め12月の中旬くらいから価格が暴騰していきました。
1月13日には最高値を更新し1EOS=$18.79を記録しています。
現在は1EOS=$5.89です。

EOS(イオス)の将来性は?

EOS(イオス)は投資家にとっては将来性はない!という方もいますね。
ですが、EOS(イオス)のプロジェクト自体は非常に将来性のあるもののように感じます。
トランザクションの処理が高速なことや取引手数料が無料なことからEOSが既存のインフラで使われるようになったり、企業間で使われるようになったら価値は上っていくと思いませんか?
またEOS(イオス)は時価総額ランキングで現在9位に位置しています!
このランキング1位から20位までの通貨はのちのち残っていくだろうと言われています。
私は将来性を感じるので分散して持っておくのもいいのではないかと考えています。

みなさんはどう思われますか?


EOS(イオス)の購入方法オススメ

EOS(イオス)はすでに上場していますので、取引所で購入することが可能です。
ですが国内の取引所では現在購入可能な取引所はありません。

購入するなら海外の取引所で購入しなければなりません☝


EOS(イオス)を取り扱いしている取引所一覧はこちらです↓
Binance
Hit BTC
Bithumb
Bitfinex

私は個人的にはBinance(バイナンス)をオススメします。
取り扱い通貨も多く、初心者でも分かりやすく、使いやすい取引所です!
まだ登録されていない方は口座開設は無料ですのでぜひ登録されてください。

バイナンスの登録方法・手順はこちらに詳しく書いておりますのでよければ参考にされてください!

Binance(バイナンス)登録方法や手順と通貨の購入の仕方|本人確認書類提出までの流れ

また、海外の取引所で購入するにしてもまずは国内の取引所でビットコインを購入した後に送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!
国内の取引所でしたらビットフライヤーが使いやすく、セキュリティ面では日本一の取引所です。
CMでも日本でいち早く放映されたのでご存知の方も多いと思います!
日本の取引所bitFlyer(ビットフライヤー)無料口座開設はこちらからどうぞ。

ビットフライヤーの登録方法・手順についてはこちらに詳しく書いております。
こちらもよければ参考にされてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)登録方法や通貨購入までの手順と本人確認書類の提出など登録に必要なこと


スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です