2018/03/19

GMOコインの登録方法や手順と通貨購入までの流れ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサードリンク

GMOコインは2017年月末にリリースされたばかりのGMOグループ子会社が運営する仮想通貨交換業者です。

これまでベンチャー企業の主な戦場となっていた暗号通貨交換業にいち早く大手として参入してきており広告も多く出しているため、それまで仮想通貨に興味が無かった方にも目に留まるきっかけになったと思います!

今回はそんなGMOコインについて、GMOコインの特徴や魅力と口座開設時、登録するための手順と登録後にやっておくべきことについてお伝えしていきたいと思います。

GMOコインの特徴と魅力

まずは簡単にGMOコインについて説明していきたいと思います。

アルトコイン訴求

すぐに登録について知りたい方はこちらの項目は飛ばしていただいて構いません。

GMOグループについて

金融商品を取り扱おうとしている方で「GMO」という会社名を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
メインはインターネット事業になっていますが「GMOクリック証券」や「FXプライム」などの金融取引業をもともと事業として行っています。

おそらくそこでのノウハウを用いてGMOコインでも多くの人に快適な暗号通貨の取り引き環境を提供してくれることでしょう。

GMOコインで取り扱いのコイン

GMOコインはもともとビットコインしか扱っていませんでしたが9月末にはイーサリアムとビットコインキャッシュを取り扱い今後も主要コインは順次取り扱う予定です。

GMOコインのプレリリースによると10月にライトコインとイーサリアムクラシックの取り扱いを開始し11月にはリップルも取り扱い始めています。

アルトコインでのFXを予定

さらに、GMOコインではビットコイン以外のアルトコインのFXも予定しています。
現在ビットコインのFXができる取引所は多くありますがアルトコインのFXができる取引所は無いので実現すればおそらく国内初となります。

すでにFX業界でも実績がある企業ですからツールの使いやすさにも期待が持てますね。

これは楽しみです!

GMOコインがほかの取引所と違うメリット

大手だからの安心感

これまでのベンチャー主体の取引所ではサーバーダウンやサポートのレスポンスの悪さなどが多少懸念されていましたがすでに実績のあるGMOなのでトラブルが起きる心配も幾分か少ないと思います。
大手が運営している安心感というのは多少なりともあるかと思います。

ツールが使いやすい

FXで実績があるからこそツールの使いやすさも申し分なさそうです。
特にFXについてはGMOクリック証券を基に作られているようなのでFXから仮想通貨FXに移行する人にとっても始めやすいかと思います。

手数料の安さ

GMOクリック証券でもそうでしたが手数料の安さもGMOコインの魅力です。
入出金や取引に関してほとんど手数料が無料です。

他の取引所では入出金に手数料が発生したり取引で手数料や差額が生じてしまうなどアクションを起こすごとにお金がかかるので気を遣う必要もありました。
それが限りなく少なくなることは大変ありがたいですね。

キャンペーンが魅力

また、大手企業ならではと言いますか、インパクトのあるキャンペーンも魅力です。
執筆中の現在では

イーサリアムスプレッド50%off
ビットコインキャッシュ最大25,000円キャッシュバック
最大10,000円キャッシュバック
 
30,000Satoshiプレゼント

のキャンペーンを同時にやっています。
とにかく色々なキャンペーンを打ち出しているので条件を確認して良いタイミングで登録してみて良いでしょう。

GMOコイン登録方法手順

では、本題に入っていきたいと思います。
GMOコインへの登録は非常に簡単なのでものの数分で完了してしまいます
(最終的にハガキを受け取る必要があるので、それを入れると1週間くらい)。

それでは、登録完了までの手順を説明していきます。

メールアドレスの登録

上記のリンクがGMOコインの公式ページです。
クリックし登録画面で登録の手続きを進めます。

登録画面へ進むとこのようなページに飛ぶので「無料口座開設」をクリックします。

メールアドレスを登録し、
□私はロボットではありませんにを入れ「無料口座開設」より登録します。

パスワードの設定

メールアドレスを登録すると登録したアドレス宛にGMOコインよりメールが届きます

メールを開きリンクからパスワード設定画面へ進みます。
リンク先のパスワード設定よりパスワードを決められてください。

※パスワード設定の注意

他で使っているパスワードを使いまわさない
パスワードは英数字と記号を入り混ぜて複雑にする
忘れないようきちんと保管する
他人に知られないよう十分注意する

この4点は最低限守るようにしましょう。

個人情報の入力

パスワードを設定したらさっそくGMOコインにログインしましょう。

上のような画面が表示されますのでこのまま「無料口座開設」を行います。
個人情報を入力していきます。

氏名
住所
電話番号
口座開設の目的
職業

などを入力していきます。
注意すべき点2点あります。
「電話番号」ですが後ほど2段階承認のSMS受信で必要になるので登録は携帯電話に設定することをおすすめします。
また、「住所」に関してですが後ほどハガキを受け取ることになりますので本人が受け取ることができる住所を入力してください。

本人確認書類の提出

次に本人確認書類を提出します。
提出と言ってもサイト上にアップロードするだけですので簡単です。

【本人確認書類として受け付けられるもの】
運転免許証
マイナンバーカード
パスポート
在留カード
特別永住者証明書

の中からお持ちの書類を選択して写真をアップロードしていきます。

本人確認ハガキの受け取り

本人確認書類の提出が完了したら郵送にて本人確認ハガキが登録した住所宛に届きます

手元に届きましたらハガキに記載してある「口座開設コード」をもう一度ログイン後に会員ホームより入力します。

以上で口座開設は完了です。
その後、二段階認証の設定画面が表示されますのでセキュリティ上必ずと言っていいほど必要になりますので設定しておきましょう。

二段階認証の設定

電話番号のSMSメッセージに確認コードが送られてきますので送られてきたコードを入力し認証するだけです。
簡単な作業なので分かりやすいかと思います。

1回画面を閉じて、メニューの「セキュリティ」からグーグルアプリでの2段階認証も利用することができます。
どちらかを選びましょう。

これで全ての取引出金入金などの機能を使えるようになります。

入金~暗号通貨の購入方法

GMOコインの開設が終わったら次は入金の作業に入ります。

入金方法

メニュー上の「入金」をクリックします。

どの銀行から入金するかを選びます。
楽天銀行、住信SBIネット銀行、Pay-easyは入金処理が早いですがその他の銀行でも問題ありません。

注意しなければならない点は銀行ごとに1回当たりの入金限度額が上記のように違います
1度に100万円以上であれば楽天銀行や住友SBIネット銀行であれば入金可能です。

銀行を選択したら入金額を入力し「入金開始」を選択。
あとは指示通りに進めるだけです。

入金処理をすればGMOコインの取引所画面に即時反映されますのであとは入金されたものを原資としてビットコインFXをしたり、希望する暗号通貨を購入するだけです。

ビットコインFX

ビットコインFXはシンプルです。
成行指値IFDOCOIFD-OCOが使用できます。
チャートボタンを選択すればチャートも見られます。

暗号通貨現物売買

現物売買を選択すれば自由にいつでも希望する暗号通貨の売買が出来ます。

例えばビットコインを選んでみましょう。

GMOコインはシンプルで売却価格と購入価格が表示され「いくら分買うか」の金額を指定して「購入」か「売却」のボタンを選択するだけです。

とてもシンプルで初心者でも使いやすいですよ!


以上、GMOコインの登録手順と通貨購入までの流れを説明させて頂きました。

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です