仮想通貨取引所Kucoin(クーコイン)の登録と使い方を解説 バイナンス規模の取引所になる可能性も

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサードリンク

 

仮想通貨取引所「Kucoin(クーコイン)」とは

「Kucoin(クーコイン)」とは香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。

2017年9月に開設したばかりの新しい取引所ですが、高い評価を得ており驚異的な速さで利用者を伸ばしています。
Kucoin(クーコイン)は海外の取引所であるにも関わらず日本語に対応しており、日本人でも安心して利用することができます。

クーコインは日本の取引所では扱っていない「アルトコイン」を多数取り扱っているため、国内取引所の「Zaif」や「bitFlyer」の利用に慣れ、より”多彩な種類の仮想通貨売買を行いたい”と考えている方に適した取引所となっています。

取引での操作なども、国内取引所のものとほとんど差がなく、あまり壁を感じることなく利用を開始することができると思います。

誕生から現在までの経緯

Kucoin(クーコイン)は2017年の8月よりICOを開始、9月よりプラットフォームがOPENしました。
取引所としては新しいですが、Kucoinのチームとしての歴史は古く、2011年よりブロックチェーンの研究を開始、2013年にはプラットフォームを完成しています。

CEOであるMichael Gan(甘醇)は、アリババグループのAnt Financialの金融を担当していた優秀なビジネスマンです。
アリババというのはご存知、中国の電子商取引最大手のことです。

アリババとは?

アリババとはジャック・マー(馬 雲)氏が設立したネット通販事業を行う会社です。
”中国のAmazon”と言われている企業ですね^^

元々彼は英語教師でしたが、通訳の仕事で渡米したときにインターネットと出会い「中国の企業が世界で知られていない」ことに衝撃を受け「中国の企業が世界に輸出する仕事を『易しく』する」ことを実現するためネットビジネスを始めたそうです。

中国国内の企業情報を集めたサイトを作ることで、大企業ではなく特に中小企業の販路の開拓を手伝いたいという想いが強く、紆余曲折を経て、1999年に阿里巴巴集団(アリババ・グループ)を創業するに至りました。 


「Kucoin(クーコイン)」は取引高世界一の海外取引所『Binance(バイナンス)』が2018年1月に新規登録者の受付を一時休止した影響から、Binanceとほぼ同じ性能であるKuCoinに一気に注目が集まりました。

その時は1日の登録者がなんと10万人を超え、現在はポストバイナンスとして期待されている取引所です。
Kucoinをおすすめする理由もデメリットもここを見ればKucoinのことがなんでも分かるよう徹底解説していきたいと思います!

Kucoin(クーコイン)をおすすめする5つの理由

①日本語対応&操作が分かりやすい

まず何よりもおすすめ出来る点は日本語に対応している点です。

海外取引所を利用する場合、英語を翻訳できないと入金から購入まで正直何をどうして良いのか分からないことばかり。
自分のように英語が苦手な人にとっては本当に助かります。

さらに良い点が操作性が分かりやすいこと!

詳しい使い方は後のパートで紹介しますが、上の参考写真のとおりトレードに必要な情報が1画面内にすべておさまっていることに加えて日本の取引所に慣れている方ならすぐに利用できるインターフェースになっています。

②手数料が圧倒的に安い!

数ある海外取引所の中でKucoinをおすすめしたい理由の2つ目は手数料がおそらく世界二位の安さです。

日本国内で有名な取引所コインチェック(※今はいろいろと問題となっていますが..)を例に挙げると、アルトコインを購入する場合の手数料はスプレッド(買値と売値の差)を含めると3%以上になります。
それにたいしてKuCoinの手数料はなんと0.1%です。

他の海外取引所と比べてみてもその安さは歴然!
手数料が低いと有名なBittrexでさえ手数料は0.25%なので、Binanceを利用するといかに安く仮想通貨を購入できるか分かります。

これだけでも凄いのにKuCoin独自で取り扱っている通貨”KCS(KuCoin Shares)”を保有しているとKSCの保有量に比例して手数料がさらに割引されるという凄まじい恩恵を授かることができます。
手数料は最大0.07%まで下がります。

尚、Binanceでも同じような役割を持つ通貨BNBがあり手数料は最大0.05%にまで下がります。

そのため手数料はBinanceに若干の軍配があがりますが、ここまで手数料が低いとほとんど差は無いので正直どちらの取引所を利用してもあまり変わりありません。
いずれにせよ一度KuCoinを使ってしまうと日本国内の取引所で通貨を買うのは馬鹿らしくなってしまうと思います…|д゚)

③取扱通貨の種類はなんと68銘柄

現在 KuCoinでは日本の取引所では購入できないアルトコインを含めて全68銘柄の仮想通貨を購入することが可能です。

取扱銘柄一覧
ACT, AION, AMB, BCD, BCH, BCPT, BHC, BNTY, BTC, BTG, BTM, CAG, CFD, CVC, DASH, DBC, DENT, DGB, DRGN, ELIX, EOS, ETC, ETH, EVX, FLIXX, GAS, GVT, HSR, HST, KCS, KNC, LA, LEND, LTC, MOD, MTH, NEBL, NEO, NULS, OMG, ONION, PAY, PBL, POLL, POWR, PPT, PRL, PURA, QLC, QSP, QTUM, R, RDN, REQ, RHOC, RPX, SNM, SNOV, SNT, STX, SUB, TFL, UKG, UTK, VEN, WTC, XAS, XLR

ビットコインや主要アルトコインをはじめ、NEOやQtum、RaiBlocksなど時価総額20位以内の人気のアルトコインが多数取り扱われています。
さらには聞きなれないアルトコインまで様々!

取り扱うアルトコインは実績あるスタッフたち(後ほど紹介します)がきちんと精査していることもアピールされており、ただ種類が多いだけでなく将来性の高いアルトコインが選ばれています。

単純な取扱数だけでいえば取引高世界一の海外取引所「Binance(バイナンス)」のほうが多くのアルトコインを扱っていますが、KuCoinにはBinanceには取扱いのないマイナーなアルトコインも多くあるため、どちらの取引所も利用している人が多いように感じます。

しかも、KuCoinが発表しているロードマップによると2018年12月までになんと1000種類以上の仮想通貨が取り扱われる予定とのこと!
アルトコインはBTC建てで見ても平気で1日300%とか上昇するものが多々あるので、積極的にトレードしたい人にとってはとても魅力的な取引所です。

④KCSを保有しているだけで毎日配当報酬が得られる

先ほど手数料割引の説明で登場したKuCoin独自で取り扱っている通貨KCS(KuCoin Shares)は、手数料割引のメリットがあるだけでなく保有しているだけで毎日配当報酬が得られるメリットまであります。

気になる配当報酬額はなんと取引所KuCoin全体で発生した手数料のうち50%!
この配当報酬額が保有するKCSの量に応じて配分されます。

ちなみに2018年1月時点で1KCSの価格は約0.0004BTCでしたので、仮に2500KCS(=1BTC)を保有していてKuCoinの1日あたりの総手数料が80BTCの場合、毎日0.001BTC(日本円にして約2,000円分)が報酬として分配されます。

◆報酬計算式1日の総手数料×(KCS保有数/総発行数1億KCS)×50%=毎日の報酬

↓↓↓
80BTC×2500/100000000×50%=0.001BTC(約2,000円)

 

※配当報酬額については

「配当計算機」

を利用することで現在の報酬額をリアルタイムに計算できます

もちろん保有するKCSの量が増えたり、取引所全体の総手数料が増えたりすると、それに応じて分配される報酬も増えていきます。

仮想通貨取引所は多々ありますがこんなに嬉しい仕組みがあるのはKuCoinだけです。
KuCoin自体がまだほとんど認知されていないため現在はKCSも買いやすい価格ですが、今後認知度が上がればKCSの価格も上昇していくことが予想されるため購入するなら早めのほうが良いと思います。

自分もKCSを保有していますが・・・毎日報酬が入ってきて正直やばいです(^O^)/
KSCコインについては後ほど詳しく解説していきますね。

⑤知り合いを招待すると紹介報酬が得られる

ここまでの内容でも十分にKuCoinの魅力は伝わったと思いますが、さらにKuCoinを魅力的にしている特徴として知り合いを招待すると紹介報酬が得られる仕組みが挙げられます。

紹介報酬額は自分が招待した人がKuCoinで支払った手数料のうち20%が永久に支払われるというもの。
取引所が受け取る手数料の一部が報酬になっているため、もちろん招待された人には何のデメリットもありません。

アフィリエイトのやり方は、KuCoinに登録してから、メニューの「探検」から「招待への報酬」っていうのをクリックすると、アフィリエイトのページが表示されます。

kucoin2

ここに書いてある「初代リンク」をSNSやLINEで友達に教えて、その友達がKuCoinで取引をしたら取引手数料の20%がもらえる仕組みとなっています。

kucoin3
引用元:kucoin.com

KuCoinでアカウントを作成すると知り合いを招待するための情報が表示されるので、まずは自分がKuCoinを利用してみて「周りにも紹介したい!」と思ったときには積極的に招待してみると良いと思います。
💡 照会システムは一時的に開催されていたようで、現在紹介システムは停止しております

KCSコインとはどんな仮想通貨?

Kucoinが発行するKCS(KuCoin Shares)は、取引所の手数料の割引などに使われるポイント=トークンとしての性質を持ちます。
通貨の正式名称はKuCoinShares、通貨単位が「KCS」になります。

KCSの特徴として、保有することで取引手数料の割引を受けられる。
そして、なんといっても保有数量に応じて報酬(Kucoin bonus)が毎日配布される点があげられます!
銀行が0金利になり、寝かしていれば実質的にお金が減っていく今、余剰資金を預けておくだけで資産が増えていくのは、非常に魅力的ですね!

KCSの特徴

● 保有数量に応じて報酬を毎日配布
● 保有数量に応じた手数料割引を受けられる
● 紹介しても貰える!還元率90%の特別ボーナス

KCSコインの「毎日配当が貰える」のは他の取引所・仮想通貨には無い特徴でして、KuCoinでKCSを購入して置いておくだけで得します。

KCSの毎日配当ですが、KuCoinで発生した取引の手数料50%KCSの保有率に応じて均等に分配されます。
つまりKCSを多く保持していればいるほど、多くの毎日配当を受け取ることが出来ます。

さらに面白いのが配られるコインがKCSに限らないことで”その日KuCoin全体で取引されたコイン”が配当されます。


KCSをはじめ、BTCやETHといったメジャー通貨、はたまた聞いたことも無いKuCoin限定のマイナー通貨まで。
この制度が優れているのは、様々なコインを貰えるため将来化ける可能性に期待できること。
「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」どころか、もはや仮想通貨の機関銃です。笑

マイナス面としては「KCSの保有率」によって配当が変わるため少額投資過ぎると旨味が感じられないことです。
ただ、それも「将来化ける可能性を秘めたコインをタダ貰える」ので十分かもしれませんが・・・。

NEOホルダーにはさらに嬉しい特典が!

さらに、Kucoinに仮想通貨「NEO」を預けていると、NEOのトークンであるGASが配布されます。
NEOを買うなら、Kucoinが絶対勧めです!

KCSコイン保有のデメリットはあるか?

KCSのデメリットは、取引所であるKucoinによって通貨の価格が左右される点です。
当然ですがKCSは取引所内でのトークンとしての役割をもっているので、Kucoinの利用者が減れば、それだけKCSの価値は下がっていきます。

また、もう一つ挙げられるのが地政学的なリスクです。
取引所であるKucoinの所在地は現在香港にあります。
香港は仮想通貨取引所が規制された中国の境界内。
現在、直接的な規制の対象となっているわけではありませんが、今後規制を受ける可能性がないとは言い切れません。

また、KCSの最大の特徴である配当ですが、仮想通貨の中では決して高い利率とはいえない状況です。
例えば、ADAは最大9%の配当をロードマップに掲げていますし、その他配当型の仮想通貨も多数あります。
KCSを保有してもらいたいのであれば、他のライバルより有利な条件を示していく必要があります。
また、取引所内のトークンとしては、BNBやZaifトークンといったライバルの存在もあります。
KCSがこれらのトークンといかに差別化をいていけるのか、気になるところですね!!

KCSのデメリット

● 取引所Kucoinの利用に価格が左右される
● 香港にある地政学的リスク
● 配当型トークンのライバルの存在


KCSは取引所のトークンであるため、やはり取引所と命運を共にする通貨といえます。

逆に言えば、需要が定まっているため、取引所の利用によって価格は上昇していきます。
Kucoinの成長と共に、価格も伸びていくことに期待ですね!

KuCoin(クーコイン)の安全性&評価

次に、気になるKuCoinの安全性&評価について触れていきます。

どんなに魅力的な取引所だと分かっても、安全面がしっかりしていなければ利用するのに抵抗がありますよね。
自分も初めてKuCoinを利用するときは海外の取引所ということもあって「きちんと送金されるのか…」「ハッキング被害を受けたりしないのか…」など、さまざまな不安がありました。

結論からいうと、KuCoinは日本国内の取引所と同じレベルで安全です!

それは下記3つの理由によります。

● 中国アリババ系列金融会社スタッフを含むブロックチェーン研究活動チームが設立!
 低スペックのPCでもサクサク動くサーバー&取引!
 分散型取引所を設立準備中!

それぞれ説明致します。

①中国アリババ系列金融会社スタッフを含むブロックチェーン研究活動チームが設立


KuCoinの創業者は中国最大手企業アリババのグループ系列金融会社に「技術者」として所属していた経歴があり、創業者を含むブロックチェーン研究チームによってKuCoinは設立されました。

このチームは2011年よりブロックチェーンについて研究を進めており、2013年にはプラットフォームの設計を完成させている実績があります。
特に金融業界の技術者が集まって作られた取引所のためセキュリティ面では大きなアドバンテージがあるといえます。

スタッフも次々に増えサイトには経歴豊かなスタッフ情報が日々追加されているので、サービスが簡単に破綻することは無いでしょう。

②低スペックのPCでもサクサク動くサーバー&取引

大規模金融システム&ブロックチェーンの開発経験があるチームのため取引処理スピードが超高速です。
2018年3月時点でいまだハッキング被害はおろかサーバーエラーすら一度も起きていません。

国内の某取引所のようにアクセス集中時にサイトが開かないなんてことも無いため、肝心な取引をしっかり行ってくれる取引所だと言えるでしょう。
利用者からの口コミでは「低スペックのPCでもサクサク動く」という評価の多さが目立ちます。

③分散型取引所を設立準備中

KuCoinは分散型取引所の設立を予定しています。
分散型取引所とは中央管理者を介さずに個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。

現在の取引所はほとんど管理会社があり人の手で運営されているため、内部不正や外部からのハッキングなど様々な危険を孕んでいます。
さらには国による規制を受ける対象にもなります。

それに対して分散型取引所では不正が限りなく起きないブロックチェーン技術を利用して個人同士で直接的に通貨の交換ができるため、安全性は限りなく高まります。
また通貨を取引所に預けないため取引所が破綻したときに破産してしまうリスクもありません。

KuCoinではブロックチェーン研究会での経験を活かして分散型取引所を設立する計画を立てているため、これが実現すれば他のどの取引所よりも安心・安全な取引所だと評価されるかもしれません。

Kucoinはすべてのハードフォークに対応!

Kucoinの公式サイトにて、すべてのコインのハードフォークに対応するとニュースが発表されました。
ハードフォークとは、簡単に言えばコインの分岐のことです。

例えばビットコインは2017年8月にハードフォークされ、ビットコインキャッシュが誕生。
その時点で持っていたビットコインと同量のビットコインキャッシュが付与されました。
( 2018年現在の価格でいえば、1BTCを持っていた人は、約30万円を何もせず貰えました。)

In the interest of maximizing user benefits, KuCoin will permanently support all types of forked tokens.

ユーザーの利益を最大化するため、KuCoinはすべてのタイプのフォークされたトークンを永久にサポートします。

日本の取引所ではハードフォークにまったく対応しない取引所もある中で、まさしく大盤振る舞いの”神対応”です!
こういった取引所の柔軟性は、トークンであるKCSの価格にも反映されていくかと思います。
取引所の成長と共に、今後の将来性には十分に期待が出来そうですね!

ではここからはKucoinの登録方法・手順を解説していきたいと思います。

Kucoinアカウント登録方法

Kucoin開設に必要なものは「メールアドレス」のみです!
まずKucoin公式サイトにアクセスします。

サイトトップの右上にあります「会員登録」をクリックします。

会員登録ページに進みましたら「利用規約」が出てくるので規約を下までスクロールし確認し、□規約に了承して続ける にを入れ「次」へ進みます。

すると会員登録ページに移りますので、メールアドレスとパスワードを設定(入力)し「次」をクリックすると登録したメールアドレス宛にKucoinからメールが届きます。

※ 注意事項
KuCoinの登録者が増加している影響により確認メールがすぐに届かないケースがありますが、確認できない場合数時間ほど待つと届きますので大丈夫です。
尚、届いたメールの有効期限が切れていて登録できないときには、サイトにログインすると確認メールを再送することができます。
また、
届いたメールはもしかしたら迷惑メールBOXへ振り分けられてしまうかもしれませんので、メールが届かないなという方は迷惑メールBOXも確認されて下さいね。

届いたメール内のリンクをクリックするとアカウント認証が完了します!


登録は以上で完了です!
登録自体は5分もあれば簡単にすることが出来ますよ。

二段階認証の設定

登録が完了して早速KuCoinにログインしたら、まずはセキュリティ向上のために二段階認証を設定しましょう。

KuCoinの利用を検討するほどの人であれば二段階認証の大切さは十分に理解されていると思いますが、念のためにお伝えすると段階認証を設定すればハッキングリスクをほぼ無くすことができるので必ず設定しましょう。

※ あらかじめ二段階認証アプリをインストールしておこう!
アプリストアで「Google認証アプリ」「Google Authenticator」と検索すれば出てきます。

Google 認証システム

Google 認証システム
開発元:Google, Inc.

無料


まずログイン後のページの上部に表示されているメニューから「設定」をクリックします。
すると設定メニューページが表示されますので左側にあるメニューの中から「グーグル2ステップ」を選択。

他取引所でも二段階認証を設定されている方はご存知だと思いますが Google認証アプリで
QRコードを読み込む
表示された認証コードを入力し提出する
二段階認証が設定される
という流れです!

Kucoinでの本人確認

仮想通貨取引所ではおなじみの本人確認ですが、Kucoinでは特に本人確認の提出は必要ありません。

Binanceでは1日2BTCまでは本人確認なしで利用可能ですが、Binanceよりもさらに緩いといった感じです。

これは気軽に使えるメリットとマネーロンダリングや犯罪などに使われるリスクがありますが、ユーザーとしては簡単に使えるメリットの方が大きいかもしれません。

その辺りも考慮すると、Kucoinだけに資金を集中させることはおすすめできません(>_<)
”いくつか取引所を開設させた中の一つ” “分散投資先の一つ”としての選択肢ですね。

KuCoin(クーコイン)の使い方

ではここからはKucoinの使い方を解説していきたいと思います。

売買に必要な一連の流れが分かるように下記の3ステップでお伝えしてきます。

まずはKuCoinにビットコインを入金しよう
Kucoinで好きな通貨を購入してみよう
Kucoinからビットコインを送金しよう

それぞれ説明致します。

① まずはKucoinにビットコインを入金しよう!

Kucoinは海外の取引所ですので日本円をそのまま取引所へ入金することが出来ません。
Kucoinではアルトコインを購入するための基軸通貨(中心的な通貨)は基本的にビットコインなので、まずは国内の取引所に日本円を入金し、ビットコインを購入してKucoinに入金しましょう。

Kucoinにビットコインを入金するために、まずはビットコイン入金用アドレスを取得します。
Kucoinの公式サイトを開き、画面上部にあるメニューから「資産」をクリックしてください。


すると下のようなページが表示されます。
通貨一覧のなかに「BTC(ビットコイン)」があるので、BTCを見つけたら右側にある「入金」ボタンをクリックしてください。

するとBTC入金用アドレスが表示されたページが開きます。

表示されたBTC入金用アドレスをコピーして取引所からビットコインを送金すればKucoinにビットコインが入金されます。

ビットコインの性質上、入金までは少し時間がかかるため気長に待ちましょう。

② Kucoinで好きな通貨を購入してみよう

KuCoinにビットコインを入金できたら実際に通貨を購入してみましょう。
せっかくなので、ここでは先ほど紹介したKuCoinが発行している通貨KCS(KuCoin Shares)を購入してみます。

まずは画面上部にある「マーケット」をクリックしてください。

マーケットをくりっくするとこのようなページに進みます。

通貨一覧の上部にあるタブをみて「BTC」が選択されているのを確認したら、通貨一覧の中から購入したい通貨(KCS)を選びましょう。
一覧で見つけられない場合は右上の検索ボタンで購入したい通貨を探すこともできます。

ちなみに通貨一覧の上部にあるタブは「他の通貨と交換するための基軸通貨」です。
今回はビットコインを元に他の通貨を購入するためBTCのタブを選択していますが、ビットコイン以外にもイーサリアムやネオなどの通貨を元に他の通貨を購入することができます。

購入したい通貨をクリックするとこのようなトレード画面が表示されます。 

Kucoinはトレードに必要な情報がすべて1画面内におさまっているのでとても使いやすいです。
尚、チャートには「移動平均線」が初期表示されており通貨のトレンドを把握しやすくなっています。

通貨の購入手順

トレード画面にはさまざまな情報がありますが、通貨を購入するときは主に下記3つの項目を確認すれば大丈夫です。

①売板
売板は「通貨を売却したい人のレート一覧」です。
掲載されている価格で購入してくれる人を探している状態なので、売板に掲載されている価格で購入を申し込めばすぐに通貨を購入できます。
②買板
買板は「通貨を購入したい人のレート一覧」です。
掲載されている価格で売却してくれる人を探している状態なので、買板に掲載されている価格で売却を申し込めばすぐに通貨を売却できます。
③注文
通貨の売買注文はこのフォームから行います。
購入時は左のフォームを利用して、売却時は右のフォームを利用します。

今回は通貨を購入したいので売板に表示されている金額で一番安いもの(一番下にあるもの)を選び、注文画面の左のフォームで購入注文をするとすぐに通貨を購入することができます。

ちなみにKuCoinは購入注文フォームの金額入力欄に一番安く買えるレートが表示されており、その数字をクリックするだけで現在の最低購入レートで通貨を購入することができるんですよね。
すごく親切です!

上図のとおり、注文フォームの金額入力欄に表示されているレートをクリックすると金額入力欄に自動的にそのレートが入ります。
あとは購入したい枚数を入力して、最後に「買収」ボタンをクリックすると購入完了。
これで無事にKuCoinでアルトコインを購入できました!

③ Kucoinからビットコインを送金しよう

ここまでの手順でKucoinを利用してアルトコインを購入することができたので、最後はKuCoinからビットコインを国内の取引所に送金する方法をお伝えします。
Kucoinで得た通貨をいずれ日本円に換金するときの参考にしてください。

 Kucoinでビットコイン出金画面を表示

Kucoinからビットコインを出金するために、まずはビットコインの出金画面を開く必要があります。
Kucoinの公式サイトを開き、画面上部メニューにある「資産」をクリックしてください。


クリックすると下のような画面が表示されます。
先ほど説明しました「入金」の時と手順は同じです!
通貨一覧のなかに「BTC(ビットコイン)」があるので、BTCを見つけたら右側にある「出金」ボタンをクリックしてください。

そうするとBTCを出金するための入力項目が表示されます。

あとは通常の出金処理と同じく、「送金先アドレス」の欄にはコインを送りたい先の取引所で取得した入金用アドレスを入力して、「金額」の欄には出金したい金額を入力してください。
2段階認証のコードを入力して最後に「確認」ボタンをクリックすると出金されます。

ビットコインの送金にはシステム上、少し時間がかかるため気長に待ちましょう。
しばらくすると出金先にビットコインが送金できているのが確認できるはずです。

以上でKuCoinからビットコインを出金できました。

今回はビットコインを例にしましたが、他のコインも受け取ることは可能ですので同様の手順でKuCoinから通貨を送金することができます。

最後に

以上、今回の記事では仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)の登録方法と使い方を紹介させて頂きました。

KuCoinは2017年9月に設立したばかりにもかかわらず驚異的なスピードでユーザー数を伸ばしている取引所です。
操作性も分かりやすく日本の取引所では扱っていないアルトコインを多数扱っているため、ビットフライヤーやZaif 等での仮想通売買に慣れてきた人が次に使う取引所としておすすめしたい取引所です。

取引高世界一の海外取引所『Binance(バイナンス)』とあわせて利用することで有能なアルトコインを購入できるチャンスが広がるので、自分としてはどちらの取引所も利用してみることをおすすめ致します。

とにかく使いやすい取引所なので、この記事をきっかけにKucoinデビューしてくれる人が増えたらいいなと思います。
登録は公式サイトにて数分あれば完了するのでぜひお試しください。

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です