2018/03/09

仮想通貨PLUG(プラグ)とは?特徴や将来性とICO参加・購入方法についてまとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサードリンク

今回はブロックチェーンをテクノロジースタックのレイヤーとして利用する暗号通貨『PLUG(プラグ)』についてまとめてみました。
第4弾TGE案件『PLUG(プラグ)』
”セントラリティ よりも期待値高い”とも言われているプラグですが、セントラリティはプラグがないと完成しないという情報も飛び交っています。
とりあえずセントラリティ保有者はプラグは必須と言われていますね。
PLUG(プラグ)とはどんな特徴があるのか、ICO参加のために必要な情報等と共に今日はまとめていきたいと思います。

PLUG(プラグ)とは?

まずPLUG(プラグ)とはどんな暗号通貨なのか解説していきたいと思います。
PLUG(プラグ)は今までに存在する他のブロックチェーンプログラムに組み込んでも稼働するようにする為の技術です。

これからの時代、本当にブロックチェーンの恩恵を得るには、全てのブックチェーンに互換性が求められてきます。
これを使えるようにする為にPLUGは ”PLUG Crosschains(プラグクロスチェーンズ)”というシステムを使います。
この”PLUG Crosschains(プラグクロスチェーンズ)”によって、別々のブロックチェーンを直接相互作用させることができ、アトミックトランザクションを使い、複数のブロックチェーンに影響を与えるものが公開されます。
ビジネス仕様のブロックチェーンサービスの「柔軟性、制御、セキュリティ」が最大限まで高められていきます。

PLUG(プラグ)の技術

PLUG(プラグ)はPython(パイソン)というプログラミング言語で書かれています。
これは開発者が理解できる共通の言語のことです。

PLUG(プラグ)はインフラストラクチャプロバイダ(Google Compute、Microsoft Azure、AWS)とアプリケーションサービスの間に位置しており、企業が暗号通貨を使用してコンセンサスを配り『IDの管理』『ビジネスロジックを実装』『改ざんを防止』するデータの作成を可能にします。

また、PLUG(プラグ)は個人や企業が難しいブロックチェーンの技術を使わず「簡単にブロックチェーンベースのアプリケーション」や「サービスを構築」できるようにする為のライブラリを用意します。
柔軟性・モジュール性・拡張性も非常に豊富で、既存の製品でも新しい製品でも導入しやすくなっています。

PLUG(プラグ)メインネットまたは今後のPLUGnetは、ブロックチェーンをベースとしたサービス間に仲介を排除したレイヤーをもたらすパブリックブロックチェーンネットワークです。
これにより、異なるブロックチェーンはアイデンティティ、価値、独自のチェーンの境界を越えた情報などを相互作用することができます。

2017年にQadre、Centrality、SingularDTVの3社により形成され、PLUG(プラグ)は既存の現実世界のシステムやビジネスと動作するブロックチェーンの生産やスケーリングを進めている開発者や企業にとって、すぐれた技術の選択肢となっています。

PLUG(プラグ)の目的とは?

PLUG(プラグ)は2010年以来、ブロックチェーン技術の実現化を目標とする人々のグループによって形成されています。
このコラボレーションによりブロックチェーンが持つ機能を世界中の個人や組織に与え世界中にエキサイティングな新しいサービスを構築することができます。
過去にインターネットが発展を遂げたように、ブロックチェーンのインターネットも展開し、より多くの独立したコンピュータ、サーバー、ネットワークが繋がる世界の形成を可能にすると信じています。
「すべてを支配する1つのブロックチェーン」が存在するとは考えていません。
個々のブロックチェーンネットワークが成功し、より大きなエコシステムへと共に発展させていけると考えています。

基盤技術の構築を促進し”PLUGnet”を発行及び維持し、PLUG技術の利用を試みる者に教育、コミュニティサポートなどの奉仕活動をします。

PLUG(プラグ)の開発者は?

ブロックチェーン業界で貴重な経験を持つ3社であるQadreCentrality』『SingularDTVです。

Qadreはブロックチェーン技術を使用し、企業や個人がデジタル世界に現実世界の信頼をオンボードすることを可能にするツールと機能を構築しています。

Centrality(セントラリティ)は少し前にICOが大きく話題になり私もこちらで紹介させて頂きました。
重要産業の有力な革新者と提携しアプリケーション市場を創造するベンチャースタジオです。
これらのアプリケーションを使用することより、消費者は1回のログインとブロックチェーン対応のインフラストラクチャを使用し、P2Pトランザクションを介して日々のタスクやエクスペリエンスを管理できます。
ブロックチェーン業界で経験があり

PLUG(プラグ)の公式サイト

PLUG(プラグ)の公式ページは下記のリンクからご覧いただけます。
パソコンで見ると右クリックにて『日本語に翻訳』して頂けると、読みやすくなりますので活用されてください!

PLUG(プラグ)ホワイトペーパー

PLUG(プラグ)のホワイトペーパーも紹介いたします。
PLUG(プラグ)につきましてはホワイトペーパーは日本語対応ではございませんが、プラグに関することや技術、ロードマップやチームなど詳しく解説していますので、和訳サイトを活用するなどし興味のある方はぜひご覧ください。
ICO案件を見極めるうえでホワイトペーパーをチェックすることは重要なポイントとなります。

PLUG(プラグ)のトークンセールに参加するメリットはあるか?

PLUG(プラグ)はブロックチェーンの作成、統合、接続を行う技術の業界において1番であり他に類を見ないものです。
他のブロックチェーンへ容易に接続できるように、統合を処理する仲介者のいないチェーンを使用することができます。

これはアプリストアやクラウドマーケットプレイスのようなものです。


PLUGnetはそのような、仲介者のいないチェーンの1つとなります。

PLUGのトークンセールに参加することより”トークンを生成し自身のブロックチェーンをPLUGnetに接続する” もしくは”あなたのトークンを販売し他人がPLUGnetに接続する”ことを可能にします。

PLUG(プラグ)のTGE参加方法

PLUG(プラグ)のTGEに参加するにはBlockhaus(ブロックハウス)への登録が必要になります。
Blockhausは、資金用達を行いたい企業のホワイトペーパーなどを元に厳しいチェックをして、クリアした企業の資金調達をサポートするプラットフォームという感じです。
『TGE』というサービスでICOをトータルサポートするようなイメージです。

このようなシステムの通貨が他にもありましたね。
プロキシウスも同じようにTGEで取引が行われていました。
TGEとは・・”トークンジェネレーションイベント”の略
ICOと同じ事をするのですがTGEの方が信頼性が高いのです!
仕組みを簡単に説明しますと、TGEに関しては投資銀行の長年の経験をもつ調査機関が『法的問題』『集めた資金の使用目的』などをしっかりと調査しているので公開しても問題はないと判断された暗号通貨のみを公開しているという感じです。

そして『TGE』の案件に参加するには以下の登録が必要になります。


ブロックハウス
メタマスク

TGE販売はいつから?

★ 追記:PLUG(プラグ)のTGE販売日程が公式サイトで発表され決定いたしました!
2018年3月14日正午12時~スタートだそうです^^
ホワイトデーにPLUG(プラグ)のTGEだ~!

なお、PLUG(プラグ)の募集金額は『7000万USD』です!
一人当たりの購入上限は『70万ドル』とのことですよ✨

PLUG(プラグ)のTGEは日程がまだ発表になっておりません。
情報では今週内にTGEがスタートするとのことですが、また詳しい情報が入りましたらお知らせいたします!

ブロックハウスは少し登録が難しいので改善してほしいなとは思いますが、別記事にて登録の手順等を詳しく解説しております。
興味のある方や使い方が分からないという方は、こちらも合わせてご覧ください♪

BLOCKHAUS(ブロックハウス)登録方法や使い方マニュアル|ICO参加方法・手順などを徹底解説!

優良ICO案件情報などはこちらでも流しておりますので登録していただければと思います^^
↓クリックするとリンクに飛びます☺

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です