セントラリティ(仮想通貨)が上場!CENNZの買い方と取引所登録方法はこちらから

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサードリンク

セントラリティ上場の発表があり
上場先情報も入ってきました。
上場先の『SingularX』ですが

登録の仕方が分からない・・・

どうやって買えばいいの?

という方のためにこちらの記事では
SingularXの登録手順(同期の仕方)を解説していきたいと思います。

まず『SingularX』への登録方法ですが
”My Ether Wallet”を使用する方法
”メタマスク”を同期させる方法
の2種類登録方法があります。

My Ether Walletを使用する方法

今回セントラリティが上場する『SingularX』の
公式ページを開きMy Ether Walletを同期させる必要があります。

設定自体は簡単ですので
画像を見ながら手順通り同期させてみてくださいね。
公式ページのリンクを張っておきます。

公式ページを開くとこのようなページが出てきます!


※ちなみにSingularXは日本語対応ですので
右上の『English』欄をクリックし『日本語』を選択すると
日本語へ翻訳してくれるので便利です。
ぜひご活用ください✨

続きを説明していきます。
右上『アカウント』『新しいアカウント』をクリックします。

You Just~と始まる文章が表示され
My Ether Walletアドレスと秘密鍵が表示されるので
コピーして忘れないよう保管されておいてくださいね

あとは新しくできたウォレットアドレスに
イーサリアムを入金すれば取引が可能になります。

メタマスクを同期させる方法

※メタマスクを直接つなげる場合
メタマスクでSingularX用のウォレットを新しく作成、同期し
イーサリアムを入金すれば取引が可能となります。

手順を説明していきます!

メタマスク右上『アカウントマーク』クリック

『Import Account』より
ご自分のMy Ether Walletの秘密鍵を入力します。

するとメタマスクが連携され取引可能となります。

詳しい操作方法が分からない方は
動画を載せておきますのでこちらも参考にされてください。

※セキュリティのことを考えると必ずSingularX専用のウォレットを別に作成し連携させることをお勧め致します!

SingularXについて詳しく知ろう!

★SingularXは分散型取引所

分散型取引所(DEX)とは中央管理者を介さず個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。
ちなみに、DEXはDecentralized EXchangeの略です。
最近注目され始めている次世代型の取引所ですが、その仕組みを説明するために現在主流になっている中央集権取引所との違いに注目しながら見ていきたいと思います!

★中央集権型取引所の仕組み

BittrexやPoloniex,Coincheckなどに代表される現在主流の中央集権型取引所では、それぞれの取引所を運営する中央管理者が存在します。
多くのユーザーは取引所に連携しているウォレットを利用したり、アカウント発行を取引所内で行ったりするためその取引所に対して秘密鍵や個人の仮想通貨の資産を預けている形になっています。
つまり、ユーザーは取引所という場所をお金や個人の情報預けても大丈夫だと信用しています。
しかし、MtGox(マウントゴックス)事件などに見られるように、中央集権型取引所は人の手で運営されているため内部不正外部からのハッキングなど様々な危険を孕んでおり決して安全だと言えなくなっています。
絶対公平による安全性の高さが評価されているブロックチェーン技術を利用した仮想通貨が、実は安全ではなかったなんて矛盾してますよね(笑)

1月26日にはなんとあのコインチェックで、580億円相当のNEMが盗まれるという、大規模なハッキング事件がありました。
国内の取引所である程度信頼度も得ていたコインチェックでも起こってしまったので、やはり中央集権型の取引所に全信頼をおいてしまうのは危険なように感じます。

★分散型取引所の仕組み

そんな中で、今注目されている新しい取引所の形こそがこの分散型取引所です。
分散型取引所が提供するのサービスは、取引板(何をどのくらい売りたいor買いたいのかの注文)を表示したり、取引板を生成できるようなシステムを維持することだけです。
分散型取引所では、資産の管理や取引を全てその分散型取引所の存在するブロックチェーン上で行い秘密鍵は個人で完全に管理し、実際に取引する際にしか秘密鍵を使わないため資産は常に個人の管理下にあります。
イメージとしては、中央集権型取引所が取引所であるのに対して、分散型取引所は交換所といったところでしょうか。
このように安全で透明性の高く、中間マージンの取られない部分が評価されて、次世代型の取引所になると期待されています。

★中央管理者がいないから不要な手数料を取られない!

中央集権型取引所ではハッキングリスクに対する防衛として多くの人員や高度なプログラムが必要であり、そのシステムを維持するのに莫大な費用がかかります。
そのためその取引所を利用するユーザーから多くの手数料を取る必要があります
しかし中央管理者が存在する必要のない分散型取引所では、システムに対する防衛費など従来必要だったものを大幅にカットすることができるため、かかる経費を大きく減らすことができ、それが自然とユーザーに必要な手数料を減らす方向につながります!
ビットコインの存在により、多くの仲介管理業者が必要なくなると言われていますが、分散型取引所が実際に主流になったら、必要な手数料はマイニングにかかる費用だけになるかもしれませんね。

『SingularX』のSingularDTV(SNGLS)トークン

SingularXは”SNGLSコイン”を保有しており
取引所『Binance』にてSNGLSコインの売買もされています。
『SingularX』の社長はインタビューに対しこのように語っています。
※サイトを直訳したものなので少し分かりにくいかもしれませんが紹介いたします。

SingularDTVとCentralityの両社は、SingularDTVのエンターテイメントエコノミーのための分散型取引所であるSingularXを開設しました。
SingularXは独自のトークン化されたエコシステム、つまり『SNGLS』を持っています。
あらゆるものをトークン化してしまおう!と考えており
SingularX上での取引によって生じたトランザクション手数料はすべて『SNGLSトークン』に組み込まれます。
利用者の多い中央集権型の取引所では、一日で100万ドル以上もの手数料が発生しています。

2017_insert_image_000364

SNGLSトークンのホルダーにとってありがたいことはSNGXトークンで集められたトランザクション手数料が、SNGLSトークンに組み込まれるという点です。
これは、SingularDTVが生み出した驚くべき効率性であり、スマートコントラクトシステムの非常に強力な機能でもあります。

アバウトでよく分かりませんよね(笑)
私は、取引で発生するトランザクション手数料がSNGXトークンとして集められ
SNGLSコイン所有者に付与されるというような仕組みなのかと解釈しました。
SingularXのSNGLSコインを所有しておくことで
SingularXが多くの方に知られることで価値も上がり
保有者にとっては有り難い結果となりますよね。
すでにバイナンスでも取引は開始されているようですが
セントラリティ上場にてSingularXが知られ取引が増える前に購入しておけば
価値が上がる前、いち早く周りと差をつけられるのかなと思います。

SNGLSはバイナンスから購入可能!

『SNGLS』はBinance(バイナンス)にて取引されています。
個人的には、SingularX株のような感じでSNGLSを保有すればいいのかなと思いました。

『SingularX』が存在感を高めていけば、コインの価値も上がっていく、という感じで。
個人の一意見ですので興味がある方は保有されてみてはいかがでしょうか?

Binanceの公式ページを張っておきます。

Binance登録方法や仮想通貨の購入までの流れは
別記事で解説しておりますので
こちらも良ければ参考にされてください!

Binance(バイナンス)登録方法や手順と本人確認書類提出の流れ

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です