WowooExchange(ワオーエクスチェンジ)の特徴|ICO(WWXトークン)の買い方や将来性と上場時期は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサードリンク

今回はWowooExchange(ワオーエクスチェンジ)について解説していきたいと思います。
Wowooプロジェクト第2弾のWowooExchangeですが、すさまじいポテンシャルを秘めたプロジェクトにとても期待が高まっています。
WowooExchange内で使われる”WWXトークン”の価値の高騰も期待できそうで、もちろん私も投資しようと考えています。
今日はWowooExchangeとWWXトークンの詳細等について紹介致しますね。

Wowoo Exchange(ワオーエクスチェンジ)とは?

Wowoo Exchange(WWXトークン)はWowooのプラットフォームで動作するメンバーシップトークンです。

現在も話題が絶えないWowooプロジェクトの第2弾として、Wowoo Exchangeという”海外取引所が創設”されます。
海外取引所と言えば、2017年香港で設立された取引所『Binance』が世界最大の取引所の1つとして成長したことは皆さんも知っての通りかと思いますが、その立役者になったとも言われるのが取引所内通貨のBNB(バイナンスコイン)ですね。

取引手数料が割引になったり、BNB自体が高騰したりと、取引所を利用するユーザの拡大とユーザメリットの向上に寄与してきたと言えます。
今回ICOが実施されるWowooExchange(WWXトークン)は、イメージとしてはBNBのWowoo版と言ったところです。

Wowooって何?

先に実施されたICO ”Wowoo”と名前が良く似ていることから混同してしまいそうですが、WowooExchangeWowoo別物で、Wowooプロジェクトの中にWowooExchageが包括されているようなイメージです。

Wowooはシンガポールで開発されているブロックチェーンを用いたプラットフォームです。
『プラットフォーム』で有名どころといえば

ETH イーサリアム
NEO ネオ
LISK リスク

ですが、WowooはICOに焦点を当てたプラットフォームで、価格を安定させるための準備金制度やトークン保有者による投票で決議される特別決議制度が組み込まれています。

準備金制度Wowooの準備金制度での準備率は20% 新規にWowbitトークンが発行されるときに、ETHの準備高が、Wowbit価値合計の20%になるように自動調整されます。

これはWowbitトークンの売買者間を公正なバランスで保ち、安全性を生み出すことを可能にしています。
✔ 特別決議機能:ルール変更などの重要な決議において、トークン保持者による投票で2/3以上で採決されるようになっています。

プラットフォーム内で流通する通貨としてWowbit(ワオビット)が使われます。

Wowooホワイトペーパー

日本の企業『OKWAVE(オウケイウェイヴ)』が出資


Wowooについては日本の企業であるOKWAVE(オウケイウェイヴ)が出資したことでも話題になりました。
Wowooがコンセプトのひとつに挙げているのが『感動の可視化』です。

要するに、有用な情報を提供した場合にはちゃんと対価を得られるようにしましょうと言う事です。
Wowooは人々の善意、芸術的価値、感動に対して、報酬を受け取ることができるプラットフォームを作る事を目指しているのです!

ロジャー・バーとNEOがアドバイザーに!


Wowooには”ビットコインの神様”ことロジャー・バー氏、そして中国版イーサリアムの呼び声が高い”NEOの創業者・CEO”Da Hongfei氏がアドバイザーとして参画しており、これによって、中国市場、アジア市場、世界市場への展開が期待されています!また、ICOで調達額がCOMSAやQASHを超えるのではないかと言われています。

その関係もあってか、Wowooはもともともイーサリアムのプラットフォームを利用していましたが、2018年2月15日にNEOのプラットフォームへ移行しています。

暗号通貨取引所WowooExchangeプロジェクトとは?

Wowooは暗号通貨とトークンの取引所『Wowoo Exchange』のプロジェクトを立ち上げました。
イギリスと東南アジアを拠点にするので、日本人からは”海外取引所”ということになりますね。

どうして日本に拠点がないのかと疑問に感じましたが、イギリスや東南アジアに拠点を置くことにはそれぞれ意味があるようです。
ギリスは世界トップクラスの仮想通貨市場です。

急速に整備されつつある仮想通貨の法律に順応していく上でイギリスに拠点を置くことが重要なんだそうです。
もちろん、Wowooプラットホームの存在感を示す上でも大きな意味がありそうですね。

そして
東南アジアの主要都市であるバンコクやクアラルンプールは急速に経済が発展しています
その勢いは日本や韓国などの地方都市以上。
東南アジアでブロックチェーンの先駆者となることでWowooが飛躍につながるそうです。

Wowoo Exchange 取り扱い通貨と協賛企業

Wowoo Exchange(ワオーエクスチェンジ)での取り扱い通貨には『BTC』 『ETH』 『NEO』が主に取り扱われます。
Wowooはパブリックブロックチェーンの1つである『NEO』上で技術開発を行っていますので、NEO、Wowooプラットフォームで発行される全てのトークンが上場予定とのこと。
両プラットフォームにとって必要不可欠な取引所になりそうです。

▼ NEO系取扱い通貨一覧

✔ QLINK(QLC)
✔ DeepBrain Chain(
DBC)
✔ Red Pulse(RPX)
✔ THEKEY(TKY)
✔ Trinity (TNC)
✔ Zeepin(ZPT)
✔ Narrative(NRV)
✔ Ontology(ONT)
✔ Alphacat(ACAT)
✔ Bridge Protocol(IAM)


また、以下のブロックチェーンに精通した2社が協賛しています。
QRC HK Limited
Next Chymia Consulting HK Limited

どちらの企業も
● ブロックチェーン技術の研究・開発
● 一般企業へのブロックチェーン導入の技術提供やコンサル
などの業務を行なっています。

ブロックチェーン技術に精通している企業のバックアップを受けながらプロジェクトが立ち上げられたということですね。
ますますWowooプロジェクトに期待が高まります!
その協賛企業2社についてくわしく見ていきたいと思います。

最高のリーガルチーム『QRC HK Limited』

QRCはレギュテック(法規×技術の造語)プロダクトの支援を行う企業で英国、日本、香港、中国、ベトナム、マレーシアでベンチャープラットフォーム事業を展開しています。
中国最大のパブリックブロックチェーンである『NEO』と提携していることでも知られています。

ブロックチェーンと金融の融合=フィンテックにより国境を超えたクロスボーダー取引が活発となり金融の世界を根本から刷新しようとしています。
そんな中、金融機関が管理しなければならないデータ量(例えばKYC)が増え、規制対応に費やすコストが増大するという課題が浮き彫りになってきました。

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、QRCのようなレギュテック企業はこのような課題を解決すべく金融機関に対して有益なサービスを提供することを目的としています。
フィンテックが一層進歩するにはレギュテック企業が必要不可欠と言われていますから、今後伸びていくであろう分野ですね。

WowooExchangeは利用者のKYC(本人確認書類)などの情報を厳重に管理することになりますから、レギュテックのプロフェッショナルであるQRCの協賛は非常に心強いものになりそうです。

ブロックチェーンのプロフェッショナル『Next ChymiaConsulting HK』


現在(2018年3月10日)暗号通貨時価総額6位のADAカルダノの創設者である佐々木健二氏が率いる香港の企業です。
ブロックチェーン技術と金融サービスについてのコンサルティングサービスを世界中に提供しているグループで、企業内ネットワークへのブロックチェーン導入支援も行っているようです。
この会社のネットワークはBittrexがヨーロッパを拠点に開設した取引所『ZODIAC』や他にも『オーブス』『PUNDI』『CTIA』また、既に10倍以上の高騰と言われる”Centrality”など、ここ最近流行ったICO、TGEの会社の名前がずらりと並んでいます。

トークン発行やICOの成功請負人と言ったところでしょうか。

WWXトークンの役割

さて、それではWWXトークンとは一体何でしょうか?
イメージで言えば、海外取引所Binance(バイナンス)が発行するBNB(バイナンスコイン)のWowoo版ようなものです。

主な役割としてはこのような特徴があります。

WWXペアでの暗号通貨取引
WWXペア取引の手数料割引
WWX一定保有でアフィリプログラムに参加可能

特にWowooExchangeでWWXペア取引をすると取引手数料が50~100%OFFになるようです。

Wowooプラットフォーム、Wowoo Exchangeが成長すればするほどWWXトークンの利用者が増え、需要も増えるとそこにさらなる価値が生まれるという仕組みです。
取引所の利用促進の役割を持つWWXには既に実用性がありますから、WWXトークンそのものの価値の高騰も期待できそうです

Wowoo Exchange ICO参加方法

Wowoo Exchangeについて公式サイトよりコメントが発表されていました。

 


「Wowoo Exchange」プロジェクト立ち上げのお知らせ
Wowooは、正しいICO文化を世界に広げ、誰もがチャンスを得ることができる世界を目指しています。
Wowooは英国/東南アジアに拠点を置く暗号化とトークン交換を扱う国際交流「Wowoo Exchange」のプロジェクトを開始することを決めた。
国際ブロックチェーンコンサルティング会社「QRC」「次のキミアコンサルティング香港」と協力して、Wowoo Exchangeのグローバル展開を推進します。

BTC、ETH、NEOのような主要な暗号化通信に加えて、NEP-5(NEO Token標準)も、一旦発売されるとこの交換で互換性があります。
Wowooは既に世界最大のパブリックブロックチェーンの1つであるNEOの上で技術開発を行っているため、WowooプラットフォームのネイティブトークンであるNEP-5トークンWowbit(WWB)とプラットフォーム上で発行されるWowooトークンはすべて交換可能私たちの交換に。

世界でトップクラスの暗号化市場を持つ英国に進出することは、Wowooプラットフォームの国際的な影響を拡大するだけでなく、世界中のトークンの調整的な開発に対処するためにも非常に重要です。
また、東南アジアの大都市であるバンコクとクアラルンプールの経済力はすでに日本と韓国の地方都市の経済力を上回っており、経済成長が著しい東南アジアの先駆者になることは、 Wowooプラットフォームの開発。

ロードマップは、徐々にプレスリリースでリリースされる予定です。

Wowoo exchangeプレプレセールそろそろ案内予定です。
フィックスは20日とのことですが、また詳しく情報が入り次第お知らせ致します。

WWXトークンは6月上場予定

WWXトークンは6月上場予定”を目指してプロジェクトを進めているようです。

取引所Wowoo Exdhangeに上場予定の暗号通貨の種類がいくつかわかりました。

BTC、ETH、NEOなどの主要通貨
NEOプラットフォーム上トークン
Wowooプラットフォーム上トークン

などが上場する予定だそうです。

2月末にイーサリアムブロックチェーンからNEOブロックチェーンに移行したwowbitも上場予定とのこと


NEO、Wowooプラットフォームで発行される全てのトークンが上場予定ということなので、両プラットフォームにとって必要不可欠な取引所になりそうですね!

また、こちらのプロジェクトですが同様のモデルを用いて成功したのは『Binance(バイナンス)』です。
『Binance』は2017年に香港で設立された取引所で、わずか1年で世界最大の取引所に成長しました。

Wowooは取引所の開設だけにはとどまらず”Wowooプラットフォーム””NEOと協力しエコシステムによる価値向上”を目指しています!

期待大のWowooプロジェクト!

以上、今回はWowooプロジェクト第2弾の『WowooExchange(ワオーエクスチェンジ)』についてまとめていきました。

個人的にも
中国最大のパブリックチェーンのNEO
暗号通貨時価総額6位のADA
2018年最強のICOと言われたWowoo

が絡んでいる時点ですさまじいポテンシャルを秘めたプロジェクトですし、ブロックチェーン技術に精通している企業のバックアップを受けながらプロジェクトが立ち上げられたということで、ますますWowooプロジェクトに期待が高まっています!
暗号通貨のICOに関しては他にも良いものが沢山ありますが、『Wowoo Exchange』は群を抜いて高評価であり実現性も高いと思っています。
サイトデザインが良いのでプラットフォーム自体の質もかなり良く、使いやすいものになるかと予想されます。

また最新情報が入りましたらお知らせ致しますね。

LINE@にも情報をお知らせしていますので良ければぜひ登録されてください!
↓クリックするとリンクに飛びます☺

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です