仮想通貨取引所Yobit(ヨービット)の特徴や登録のメリットデメリットとは|徹底ガイド&マニュアル

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサードリンク

Yobit(ヨービット)とは


YoBitは膨大な種類のアルトコインを取り扱っている2014年に設立された
海外の取引所です。
2014年に設立され、ドメイン設定者はロシア、ドメインサーバーはサンフランシスコに設定されてます。

海外の取引所とはいえ、運営会社等々の詳細は公開されておらず、不明です。
運営元が分からないようになっているので、探しても見つからないと思われます。
おそらく、ロシアの会社か団体が運営しているはずということでした。

Yobit(ヨービット)はICOトークン、草コインの登竜門と呼ばれており、多くの種類の暗号通貨を取り扱うのが特徴です。
483種類(2018年2月時点)という多さ。
取り扱っている通貨の多さを動画として載せてくれている方がいました。


ものすごい通貨の数ですね。
他の取引所には取り扱いのない通貨や草コインを購入する場所として使っている方が多いようです。
ただ、これだけ取り扱い通貨が多いですので、取り扱いのある通貨の中には「Dead coin(死にコイン)」と呼ばれる、開発が止まったものや価値が上がる見込みのない詐欺コインも多数存在します。
すでにアルトコインの運営元がなくなっていたり、取引ボリュームが無いに等しい(実質取引できない)ものもたくさんありますので注意が必要です。

草コインとは・・ 大手の取引所で扱いがなかったり、全然人気がなく放置されているようなアルトコインのことを言います。
インターネット上のやり取りで使われる「www」は、そのビジュアルから草とも呼ばれますが、人気がなさすぎたり誰も取引していなくて笑ってしまうようなコインであるということで草コインと呼ばれたりします。
Yobit(ヨービット)の存在はグレーゾーンとも呼ばれており、取引所の開設に通常必要な本人確認は存在せずフリーアカウントのままでも機能の制限や一日あたりの出金上限が設けられておりません。

逆を言えば、取引所が介入を行わないかわりに自己責任の色が強くなる、ということで小額で草コインを購入したり、ICOトークンの売却を行う取引所として活用される方が多いようです。

グレーな取引所とは言いましたが、暗号通貨取引所の中ではわりと大手と呼ばれている分類だったりします。
草コインが豊富なYoBitですが面白い独自サービスがいくつかあります。

クリックするだけ(広告ではありません)でコインがもらえるFreeCoins
HighLowの二択勝負DICE(※勝率50%未満です、注意)
仮想通貨のレンディングサービス
これらの面白いサービスを行っているのもYoBitの特徴のひとつです。
ではYobit(ヨービット)独自のサービスについて詳しく解説していきたいと思います。

Yobit(ヨービット)の面白い独自のサービス①

Yobit(ヨービット)でレンディング

皆様はレンディングという運用方法をご存知でしょうか?

レンディングとは・・お金を借りたい会社(借り手)とお金を運用して増やしたい人(貸し手)をマッチングするサービスです。
ソーシャルレンディング事業を運営する会社は、インターネットを活用しウェブサイト上で資産運用したい個人から小口のお金を集め、その資金を企業に融資します。
サービスにもよるものの、最少投資額は1万円と、元本が少なくとも始めやすい資産運用方法です。
一般的にはソーシャルレンディングと呼ばれることが多いですが、要は自分たちが融資を行う側になるというわけです。
「融資をする代わりに、一定の利子をもらうよ」ということが個人でもできてしまうのです。

このレンディングサービスを、Yobit(ヨービット)の中で行うことができます。

Yobit(ヨービット)が提供しているレンディングサービスはInbestBox」といいます。
これは、サイトトップメニューの「InvestBox」から行います。
InvestBoxの中で指定している暗号通貨を投資すると、決まった利率に応じて配当を受け取ることができます。

配当はレンディングした仮想通貨で受け取ることができますので、ホールドしている通貨をレンディングすれば、勝手に通貨の枚数も増えるので結構お得です。

では、レンディングの手順について説明致します。

Yobit(ヨービット)でレンディングする手順

Yobit(ヨービット)ログイン後のトップページ上部メニューより「InvestBox」をクリック。

すると投資可能な通貨とプランが表示されます。
「Invest Plans」からレンディングしたいコインを探し、投資する通貨量を入力して、緑のボタンInvestをクリックすれば投資完了です。

Invest」ボタンを押すと、すぐに投資開始してしまいます。
金額を最初に入力して、間違いないのを確認してから、Investボタンを押しましょう。

運用が開始されると、画面右側の「My Investment」に表示されます。

レンディングを終了したいときは、終了したい通貨の右に表示される赤いボタン「Close」を選択すると投資した金額が、そのまま、すぐに戻ってきます。
また、終了した通貨はYobit(ヨービット)内の自分のウォレットに戻るようになっています。

いつでもすぐに終了させることができますし、手数料を取られることなく書いてあるとおり本当にノーリスクです。
ホールドしている通貨があれば一部をレンディングに回しても面白いかもしれませんね。

InvestBoxを利用するときの注意点

ログイン後のトップページ上部メニューより「InvestBox」をクリックするとなにやらページ上部に英語でメッセージが出ています。

このようなメッセージです。
赤字の注意書きが気になります。

Invest your free coins to InvestBox! It’s a tool for devs to promote their coins. It’s NOT Pyramid/HYIP, all payments are made from special fund.
InvestBoxes can change status from Active to «No coins», but you can close your investment any time, it’s 100% safe.
To get InvestBox Payments for BTC, ETH, DOGE, LTC, DASH, WAVES, BTG – you need to Play minimum 5 Dice Games / day at these coins.

📎Yobit(ヨービット)公式サイトInvestBoxページ

翻訳してみると

あなたの無料コインをInvestBoxに投資してください! 開発者がコインを宣伝するためのツールです。 ピラミッド/ HYIPではなく、すべての支払いは特別基金から行われます。
InvestBoxesはステータスをActiveから«コインなし»に変更できますが、いつでも投資を終了することができ、100%安全です。
BTC、ETH、DOGE、LTC、DASH、WAVE、BTGのためのInvestBox Paymentsを取得するには、これらのコインで最低5個のダイスゲームをプレーする必要があります。

最後にと書いてありますが
✔ ビットコイン(BTC)
✔ 
イーサリマム(ETH)
✔ 
ドージコイン(DOGE)
✔ ライトコイン(LTC)
✔ ダッシュ(DASH)
✔ WAVES(WAVE)
✔ ビットコインゴールド(BTG)
以上の通貨は InvestBoxで報酬を受け取るためには1日最低5回のダイスゲームをしなければなりません。
そのダイスゲームとは何なのか?説明していきたいと思います。
本当に変わったサービスがいっぱいな取引所ですよね( ゚Д゚)

Yobit(ヨービット)の面白い独自のサービス②

ダイス(dice)ゲーム

InvestBoxにて関係のない通貨を選択された方は関係ないのですが、先ほど説明しました7種類の通貨をレンディングしInvestBoxで報酬を受け取るためには1日最低5回のダイスゲームをプレーする必要があります。
ダイスゲームとは簡単に言うとハイアンドローみたいなもので、暗号通貨を賭けて遊ぶことが出来る、Yobit(ヨービット)に登録すれば誰でも参加できるゲームモードです。

ルールは以下の通りです。

Roll<48(48より下でBet)
Roll>52(52より上でBet)
49~51の間:強制的に負け(Yobitがもっていく)

掛け金に対して「ハイ」もしくは「ロー」を選択し、当たれば掛け金の2倍外れれば掛け金は0になってしまいます。
勝つと、賭けた金額がもらえます。
48から52の数字が出た場合は、どちらを選ぼうが負けるようになっていますので、期待値としては負けます。

ハマり過ぎには、ご注意くださいね。


ダイス(dice)ゲームの遊び方

トップページ上部メニューより「Dice」をクリックします。

開くとモノ凄い勢いでダイスゲームが進行していると思います。
これは他のユーザーがリアルタイムに行なっているダイスゲームです。

早すぎるて自分のゲームが分からなくなるので「Show my bets only」のチェックBOXにを入れましょう。
すると自分のゲームだけが見られるようになります。

①「Choose Coin」から賭けたいコインを選びます。
②「Bet」で賭けるを決めます。
③「Prize」勝った時貰えるコインが表示されています。
④「Play now!」のどちらかのボタンを押すことで勝敗が決まります。

自分のダイスゲームの結果は上部メニューの「History」からも確認することができます。

勝てば通貨がになります。
運が良ければYobit(ヨービット)で取引しなくても儲かるかもしれませんね。

というわけでYobit(ヨービット)はほかの取引所とは少し違った楽しみ方ができます。
ですが、せっかくInvestBoxで運用して通貨の枚数を増やしたいのに、ダイスゲームで暗号通貨を減らしたら意味がないですよね。

そこで知っておきたい点がFreecoin(フリーコイン)というものです。
Freecoin(フリーコイン)とは、言葉の通り”お金を払わずにコインをゲットできる”ということです。
Yobit(ヨービット)のフリーコインを利用して、フリーコインで得たものをダイスゲームの原資にすればリスクなく運用できる仕組みがあります。
では、Freecoin(フリーコイン)について解説していきます。

Freecoin(フリーコイン)のもらい方

フリーコインで暗号通貨を入手する操作も単純で、ぽちぽちとボタンを推していくだけです。
もらえるコインはほとんどが草コインですし、正直価値があるかは疑問を感じるところですが、せっかくもらえるものなので少なくとも損はないと思います。

手順は以下の通りです!

① 上部メニューにある「Free Coins」をクリックします。
② コインの名前、量などの一覧が出てきます。
 Nameは貰える暗号通貨の名前、Amountは貰える量、Time Leftは次に貰えるまでの時間、Actionsは貰うか、寄付かを選択する欄です。
③ 入力後、青色の「Get free coins」のボタンをクリックしてください。
 これで手順は完了です。

いくつかクリックした後、ご自分のウォレットを確認してみるとすぐに反映されていると思います。
先に自分で入金した分よりも、早く反映されることがあるくらいです。

このFree coins は毎日もらえるようですので、コツコツ積み重ねてみてください。
続ければ、かなりたまっていきますよ。

※ 現在Freecoin(フリーコイン)システムは終了してしまったようです。

Yobit(ヨービット)の口コミ・評判







取引所としてはなんだか怪しいYobitですが、ちゃんとBTCのハードフォークの新通貨は、いち早く配っているので、ちゃんと稼働しているようです。
資産を全額預けるのは危ないと思いますが、Yobit(ヨービット)独自のサービスなどもありますので、海外のギャンブル的な取引所として1つもっておこうかなという感じで登録される方が多い印象ですね。

ただ、いつまで運営しているのか分からないので投資額を増やすのはリスクがあります。
メインではなく、サブとして割り切って使う事をおすすめ致します!

Yobit(ヨービット)の取引手数料

暗号通貨を取引できる取引所は数多くあり、その中から開設する取引所を選び登録しますが選択基準として手数料はかなり大切な要点だと思います。

損か得かはトレードをしてみなければ分からない問題です。
しかし手数料はトレードの結果に関わらず、取引の際必ず支払うものなので手数料は少ない方が良いですよね。

暗号通貨取引所で取引をする場合、それぞれの取引所で手数料が異なります。
続いてYobit(ヨービット)の手数料について紹介していきたいと思います。

手数料には、入金手数料と出金手数料があります。
ヨービットの入金手数料は、入金の手段によって異なります。
ほとんどの方が行うであろうアルトコインのアドレスに送付するやり方であれば、手数料は一切かかりませんのでこちらの方法をおすすめ致します。

出金手数料は0.2%となります。

Yobit(ヨービット)を使ってみる

ではこちらからはYobit(ヨービット)の登録方法と使い方をご紹介したいと思います。

Yobit(ヨービット)の特徴は、ビットコインを含む有名な暗号通貨だけではなくマイナーなものも取り扱っている点です。

登録方法は簡単で、登録手数料はかかりません。
初めに行うべき登録と、二段階認証の方法等を以下で説明しておりますので、是非ご覧ください。

登録方法・手順

まずはYobit(ヨービット)のサイトを開き、アカウントを作成していきます。

サイトを開きホームの右上にある赤枠内「Registration」と書かれたところをクリックします。

クリックすると、必要事項の入力を求められます。
上から「ログインID」「メールアドレス」「パスワード」「確認のため再度パスワードを入力」を行い、規約同意と「□私はロボットではありません」と書かれたボタンに✔を入れます。
すべて入力が終わりましたら、「Register(登録)」のボタンを押します。

登録後、Yobit(ヨービット)から登録メールアドレス宛てに登録確認のメールが届きます。
メールを開き、本文内URLのリンクをクリックすると、認証が完了します。

他の取引所にも言えますが、登録自体は数分で終わってしまいますよ!

ログインの仕方(※ Yobit仕様に注意)

Yobitはログインするときに他の取引所とは違い

登録したメールアドレス
パスワード

を入力した後、

Google Authenticatorのコード
メールに送られてくるコード

が必要になりますので注意されてください。

ほとんどの取引所はどちらかのみ入力すればOKですがYobit(ヨービット)は2つとも入力しなければならない場合があります。

二段階認証の設定

登録が完了しましたらまず「二段階認証の設定」を行ってください。

二段階認証とは・・ネットバンクやセキュリティの厳しいアプリケーションで使用されるセキュリティ管理。
最初に登録したパスワードとは別に、30秒に一回ごとに変わるパスワードを設定します。
”二段階”でカギを掛けるようなイメージです。
自動的に生成してくれるアプリケーションがありますのでダウンロードしておきましょう。
 おすすめは「Google  Authenticator」というアプリです。
アプリストアにて「Google 認証システム」と検索すると出てきますよ。

暗号通貨取引所の登録に当たって、二段階認証を設定しておくことはセキュリティの面では必須です。
Yobit(ヨービット)での二段階認証の設定方法について手順を説明していきます。

登録後、Yobit(ヨービット)にログインします。
トップページ右上の人のマークがついているユーザー名から「Setting」をクリック。

画面に表示されているQRコードを「Google Authenticator」で読み込み、表示された6桁のコードを入力すれば設定は完了です。

※ 真ん中に表示されたSeacret keyというものは、機種を変更したり、アプリを消去したとき、復元する際に使用します。
どこか覚えている場所にメモをして必ず保管おきましょう。

Enableを押した後、次の画面で「Enabled」と表示されれば、二段階認証の設定は完了です。

お目当ての通貨を検索する

Yobit(ヨービット)では取引可能なペアが900以上あります。
なので目的の通貨を探すのはとても大変です。

そんな時に利用したいのが、左側「Market」欄の検索BOKです。

画像のようにお目当ての通貨を入力すれば候補を絞ることが出来ます。
自力で探すのはとても大変ですのでぜひ活用されてください。

Yobit(ヨービット)入金の仕方

次にYobit(ヨービット)への入金方法・手順を解説します。

まずYobit(ヨービット)へログインし、上部のメニューから「Wallets」をクリックします。

その後「Deposit(預金)」欄の自分が入金したい暗号通貨に「+」マークをクリックします。
自分が入れたい分プラスボタンを押して頂いたら大丈夫です。

暗号通貨はアルファベットで入力されます。
BTC、USD、RUR、LTC、NMCなど種類は多くありますので適当に入金せず、それぞれきちんと調べてから行うことをおすすめします。
最後に、表示されたQRコードかアドレスに送金元から通貨を送信すれば入金が完了します。

Yobit(ヨービット)送金の仕方

送金の手順も同じように手順は行います。
まず上部メニューから「Wallets」をクリックします。

その後「Withdrawal(引き出し)」欄の自分が入金したい暗号通貨に「 – 」マークをクリックします。


表示された画面(上図参照)の上の欄には送金したい先のアドレスを入力し、その下の欄には送金額 + 手数料の合計金額を入力しWithdrawal request」をクリックすると送金は完了です。

Yobit(ヨービット)通貨の買い方

では続いて”通貨の購入方法”の手順を説明致します。

① 通貨の購入にはトップページ左にある「MARKET」部分を使用します。
② 取引する通貨ペアの基準となる通貨を選択
③ 取引する通貨ペアを選びます。
④ 購入数と購入単価を入力し良ければ「Buy」をクリックで通貨の購入は完了します。

取引する通貨ペアを見つからない場合は、Search(図※)に通貨シンボルを入力することで、検索することができますよ。

また、売却する場合は購入時と同様にSELLの枠に条件を入力し「Sell」をクリックすることにより、売り注文を出すことができます。
※ 約定するまで売却はできていません。

Yobit(ヨービット)のアフィリエイト

他の方に紹介したい場合は、トップページ上部のメニューから「人マーク」➡「Affiliate」をクリックします。
表示された画面に「Your referal links」と書いてありその下にアフィリエイトコードがあります。
そのコードがあなたのアフィリエイトコードですので、そちらから紹介したい人が登録すれば紹介した方が取引し、かかった全ての手数料の20%を受け取ることができます。

必ずログアウトをすること!

Yobit(ヨービット)では一度ログインすると同じデバイスで接続する限り、ずっとログイン状態が維持されてしまいます

例えば、自宅のパソコンで一度ログインすると後はログイン手続きをしなくても良いんです。
自分でログアウトボタンを押さない限りログイン状態が続きます。

これは便利なようでセキュリティ面では良くありません。
非常に危険です。
もしあなたのパソコンがハッキングされたら個人情報・取引履歴・資産まで奪われてしまいます。

取引が終わったら必ずブラウザを閉じる前にYobit(ヨービット)からログアウトするのをくれぐれも忘れないようにしてください!

最後に

以上、暗号通貨海外取引所 Yobit(ヨービット)の特徴や登録方法・使い方等について解説させて頂きました。

世界最大手の取引所であるBinance(バイナンス)やBitrex(ビットレックス)などに上場しているコインは大体、かなり上昇しきったものが多いです。
その点Yobit(ヨービット)は怪しい通貨が満載なので、10倍・100倍が当たり前に起こっています。

もちろん、その分0になる可能性もあるので自己責任で、余剰資金で、安全に取引しましょう!
基本的にはサブとして機能させるのが良いのではと考えます。

リスクも考え、ご自身が楽しんでできる程度にとどめておくほうが安全だと思われます。
そのくらいの気持ちではじめてみると、Yobit(ヨービット)での暗号通貨取引は、おもしろく価値がありますよ。

一方で、ICOトークンや草コインで立ち回っている方にとってはマーケットの存在は最重要項目です。
Yobit(ヨービット)の存在はCryptopiaやCoinExchangeと共にぜひ覚えておくべき取引所の一つでしょう。

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. GerryCag より:

    You actually revealed it very well!

GerryCag にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です