2018/03/05

ZODIAC(ゾディアック)ICO情報や通貨の特徴と仮想通貨取引所の登録方法は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサードリンク

みなさんZODIAC(ゾディアック)という通貨をご存知ですか?
こちらをご覧頂いているということは少しでも興味を持っているということだと思います。
ご覧いただきましてありがとうございます。
ZODIAC(ゾディアック)とはBITTREXが新しくオープンする暗号通貨取引所です。
その取引所では独自のトークン『ZDC』が使用されるとのことで、ZODIAC(ゾディアック)のZDCトークンが今注目されています。
今日はZODIAC(ゾディアック)暗号通貨取引所の詳細情報やトークンのことについてまとめていきたいと思います。

暗号通貨取引所『ZODIAC(ゾディアック)』とは?

BITTREXが新たな暗号通貨取引所ZODIACを設立

アメリカ最大級の暗号通貨取引所『Bittrex(ビットレックス)』がヨーロッパを拠点に新しい取引所『ZODIAC(ゾディアック)』を2018年3月に開設する予定となっています。
新しい取引所となる『ZODIAC(ゾディアック)』はBittrex(ビットレックス)が単独で行うものではなくInvest.comSingulariteamCoinTreeと提携して運営が行われるとのこと。

Bittrex』:世界最大級の仮想通貨取引所を運営するナレッジ・技術
Bittrexはアメリカに拠点を置く世界第1位の仮想通貨取引所です。
200種類以上の暗号通貨を扱っていることが大きな特徴として知られています。

Invest.com』:300万人以上が利用する「資産取引プラットフォーム」の顧客基盤
invest.comは300万人以上の登録者を抱え、年間の取引金額が800万件以上で120億ドル(1.2兆円)を誇る資産取引プラットフォームです。

Singulariteam』:イスラエルのベンチャーキャピタルで、ICO関連の開発支援を行う
Singulariteam Technology Group(シングラリ・テクノロジー・グループ)はスタートアップ大国のイスラエルを拠点におくベンチャーキャピタルです。
投資先に対してICO関連の支援を行っていることで有名なVCです。

cointree』:ICO開発支援を専門で行なうコンサルティング会社(実績:OrbsのICOなど)
イスラエルを拠点におくICO開発の支援を専門に行なうコンサルティング企業です。
『Cointree』と『Singurariteam』の2社によって2017年の一年間でOrbs、Sirin LabsやStoxといった有名なICOが実現されています。
これまで総額250億円以上の資金をICOで調達しています。

『Bittrex』の持つ取引所運営のノウハウ」と「300万人のユーザーを抱える『Invest.com』の顧客基盤」と「イスラエルの2企業がこれまで支援してきた仮想通貨・ICO関連のネットワーク」といった形で各社の持つアセットやナレッジを活かした新規取引所の開設となります!
トップクラスのチームが集まり、それぞれの特化した部分を持ち合い1つの取引所を運営し世界をリードする暗号通貨取引所になることを目指しています。
そして
✔ 最高のサービス
✔ 安定性
✔ 最先端のセキュリティ
✔ コンプライアンス
これらを保証するよう構築されるようです。

これは期待しかないですよね..すごいの一言です。

セキュリティが高く、大規模なアクセスに強い取引所

ZODIAC(ゾディアック)を設立したチームの1つ、BITTREXはセキュリティ面ではとても有名です。
携わっている『Bill Shirahama』はアマゾン(Amazon)のセキュリティエンジニアマネージャーで、BlackBerry(ブラックベリー)のセキュリティ脅威分析とセキュリティエンジニアマネージャーだった方です。
取引所で一番大切なのはセキュリティ面ですからセキュリティのプロ中のプロのBill Shirahamaさんが担当してくれているというのは、安心できる面だと感じます。

ZODIAC(ゾディアック)暗号通貨取引所の登録方法

ZODIAC(ゾディアック)は実はまだオープンしておらずオープンは今年3月予定ですので、もうそろそろだと思われます。
公式ホームページにはトップにメールアドレスを入力する欄があり、そちらでメールアドレスを登録しておくとZODIAC(ゾディアック)側から連絡が送られてくるようです。

私も登録しました!
登録すると『登録ありがとうございます!あなたの受信トレイにニュースを送信します。』と表示が♪
取引所の開通時はお知らせが送られてくると思います。

こちらも何かお知らせがありましたらすぐにお知らせ致しますね。

ZDCトークン発行によるICOで資金調達

ZodiacはICOで独自のトークン『ZDCトークン』を発行し、運営資金を調達しています。
ZDCの特徴としては、同じ取引所が発行しているトークンということもありBinance(バイナンス)が発行しているBinanceトークン(BNB)と同じような特徴を持っています。

ZDCをZodiacで利用することで標準手数料の20%オフ
一定量のZDCを支払うことでプレミアム機能が使える
総発行枚数を10億ZDCに上限設定

バイナンスよりは低いですが、だんだん割引率が減っていくBNBトークンとは違い『ZDCトークン』は長期に20%の割引を受けられるということです。
嬉しいシステムですね!
プレミアム機能に関しては具体的な特典に関して公開されていないので、今後のニュースが入りましたらまた更新致します。

ZDCの特徴や将来性とは

特徴は先ほどお伝えしました、取引所が発行する独自トークンなので『Binance(バイナンス)』が発行している『Binanceトークン(BNB)』と同じように取引所を利用する際に取引手数料の割引を得られるなどのメリットがあります。
ZDCが取引可能になるのは、暗号通貨取引所『ZODIAC(ゾディアック)』のサービス開始後になる見込みです。
チャートは現時点では表示できません。
ZODIACサービス提供開始後に随時更新致します!

ZDCの将来性についてはZDCのパートナー企業の顔ぶれを見る限りとても豪華な企業、メンバーでありZODIACの取引所としての期待はとても高いです。

BITTREXがメインだと思っていたのですが4つのパートナー企業の中では『Invest.com(インベスト・ドット・コム)』が一番重要な役割を担っているようですよ!

取引画面やプラットフォームは初心者目線で作成されているようで、操作ミスも極力発生しないよう分かりやすく設計されているとのことです。
ユーザー目線が高評価ですね。

ZODIACは海外でも注目度が高いので、ZDCに関してもユーザー数に比例して価格が高騰していく可能性が高いと考えられます。
ZaifトークンやBNBなどと同じようにユーザー数に比例して価格は上がっていくと考えられます。
独自のトークンは高騰する可能性を秘めていますからね!

ZDCの買い方・購入方法


ZDCトークンは国内取引所で取り扱っていないため、海外取引所で売買することになります。
基本的に海外取引所は日本円の入金に対応していないため、最初に国内取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入して海外取引所に送金する必要があります。

ZODIAC(ゾディアック)で『ZDC』を購入する場合は、以下のような手順で購入することになると予想されます。

  1. 国内取引所で、ビットコイン(BTC)または、イーサリアム(ETH)を購入する
  2. 購入したビットコインをZodiacのウォレットに送金する
  3. ZODIAC(ゾディアック)でZDC(Zodiac Token/ゾディアックトークン)を購入する

また国内取引所はおすすめを紹介致しますので、まだ登録されていない方は早めの登録をおすすめ致します。

▼bitFlyer(ビットフライヤー)

国内最大の取引所☆取引所・ユーザー数・資本金において日本一!テレビCMもいち早く始まった事で知名度も高いです。
大手企業が多数株主として参加、500万までの不正ログイン補償がありセキュリティが世界一と評価されるなど、安心・安全の取引所!

▼Zaif(ザイフ)

初心者でも分かりやすい!通貨の取り扱いも多く、手数料が低い『Zaif』☆ コイン積立システムも低リスクでオススメです。

▼GMOコイン

一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

以上、超注目のゾディアック取引所についてまとめさせて頂きました。
バイナンスでも高騰しましたが独自トークンは高騰する可能性を秘めていますのでオープンしたら『ZDCトークン』を少し持っておこうかなと考えております。
また随時新しい情報が入りましたらお知らせ致します。
LINE@も始めましたので良ければぜひ登録されてください!
↓クリックするとリンクに飛びます☺


スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です